立石尚志(たていし・ひさし)

7)教会/高校科キャンプ2.jpg
IMG_0080.jpeg

 1961年10月、杉並区東京衛生病院(現東京衛生アドベンチスト病院)で生まれ、4歳まで小金井市で過ごす。小金井にいる間に弟が二人になる。父親の海外赴任でニューヨークにて次の4年間過ごした後、帰国。小金井から町田市玉川学園に引っ越した事がきっかけで近所で行われていた聖書の学び会に母が参加するようになり、洗礼へと導かれる。聖書の学び会に属していた母たちの勧めで、子どもたちは隣町の成瀬カンバーランド長老教会の教会学校に通うことになる。これがキリスト教との出会いになる。

 父親の二度目の北米駐在で次の4年間をロサンゼルスで過ごす。この間、日本では、母が属していた聖書の学び会が「松見ヶ丘キリスト教会」へと発展していた。米国滞在中、母子で現地の教会に通い出し、自分もそこで本格的に聖書に触れるようになる。おりしも「ノストラダムスの大予言」が大ヒットしており、米国ではさらにハル・リンゼイ著「The Late Great Planet Earth 地球最後の日」という聖書の預言に関する本が空前のベストセラーになっていた。これらを読む中、聖書の終末預言に深い関心を持つようになる。同時に、本来の科学好きもあって、進化論と創造論についての議論についても関心を抱くようになる。

 帰国と同時に松見ヶ丘キリスト教会に通い始める。まだ帰国子女が珍しい時代でもあり、帰国の不適応などもあり、心の領域に目がいくようになる。聖書が言うところの罪について、またイエス・キリストを通しての救いについて聞く中、信仰の決心へと導かれ、高校一年生の4月に弟を含め同じ中高生仲間と共に洗礼を受ける。松見ヶ丘キリスト教会の高校生会、青年会はこの頃、盛んであり上記の写真はその頃行われた「高校生合宿」のものである。当時、教会は楽しい仲間のいる所であった。

 大学に上がり、父親の3度目の駐在で家族が皆渡米するなか一人日本に残り、この頃から教会では教会学校の手伝いをするようになる。大学四年時に自分の罪に向き合わされる中、初めて心から神に向かって「助けてください」と懇願した。その時に「イエスを主とし、イエスに従順になりなさい」という言葉を聞き、そのとおりに決断したことがきっかけで、心に聖書が約束する喜びを経験するようになり、自分への様々なこだわりからも自由にされ、神に残りの生涯仕えたい、という思いが与えられた。

 会社務めの4年目、共に洗礼を受けた真ん中の弟が亡くなった。弟の死をきっかけに聖書をしっかり学びたいという願いが与えられ、会社に五年弱務めた後、聖書宣教会・神学舎で聖書とキリスト教信仰、教会についての学びと訓練を受ける。在学中に妻の聖美と出会い、卒業と同時に結婚する。

 1992年に横浜にある「かもい聖書教会」の牧師となり、10年務めたところで宣教師として、ニューヨーク周辺に在住する日本人のために立てられていたグリニッチ福音キリスト教会(現/ニューヨークめぐみ教会https://jgcofny.com/welcome/)に赴任し、2003年から2020年までの17年間、在米邦人宣教に携わる。2021年4月より松見ヶ丘キリスト教会の牧師となる。29年の時を経て、自分が信仰者としての歩みを始めた教会に戻ってきたことになる。​ 妻の聖美と、特別養子縁組をした二人の子供がおり二人とも成人している。■